枕の正しい選び方|枕が合わない人は必見!高さや中身の素材の選び方

朝起きた時にも疲れが残っている、夜中に何度も目が覚めてしまう、寝起きに肩や首にコリを感じる…睡眠に関する悩みはたくさんありますが、それらは枕の正しい選び方を知るだけで改善されることがあります。
睡眠の質が向上すると、毎日の生活の質が向上します。
人生の3分の1の時間を費やす睡眠、より良い睡眠を得るためにも、正しい枕の選び方について知っておきましょう。

 

 

枕の高さの正しい選び方

枕を選ぶにあたり、枕の高さやサイズを正しく選ぶことは最も大切なことです。

 

人の身体にとって一番負担が少ない姿勢は、リラックスして立っている時の状態と言われています。

 

リラックスして立っている状態と同じ姿勢で寝ることが、最も身体に負担の少ない理想的な寝姿勢と言われています。

 

しかしながら、人間の身体はまっすぐ立っている時には、背骨がS字を描くようにカーブしています。

 

同じ姿勢で仰向けに寝転ぶと、首とマットレスの間に隙間ができてしまいます。

 

この隙間を埋めて、頭と首を支えるのが枕の最大の役割です。

 

なお、枕の高さをチェックする前には、正しい枕の使い方を知っておきましょう。

 

頭だけではなく首まで枕にしっかりとのせて、枕の端が肩の上に当たるくらいが正しい枕の使い方です。

 

頭だけを枕にのせていては余計に首が浮いた状態となってしまい、寝違えや首こりの原因となってしまいます。

 

枕の正しい使い方

 

 

 

仰向け寝の時の枕の高さの測り方

自然と立っている時、人間の頭は前傾に5度傾いている状態です。

 

ベッドの上で眠る時であっても、立っている時と同じ姿勢が最も理想的と言われています。

 

枕の高さを決める時には、ご自身の後頭部の丸みや首の後ろのくびれを考慮した上で、横から見た時におでこから顎にかけてちょうど5度下がっているのが理想です。

 

この角度が最も頚椎から背骨にかけて正しい姿勢となる角度で、首や肩への負担が少ない寝姿勢となります。

 

また、気道がまっすぐになり呼吸がしやすい角度なので、いびきや無呼吸の解消にもなります。

 

家族や友人に横から写真を撮ってもらい、頭が5度下がるように枕の高さを調節しましょう。

 

仰向け寝の時の適切な角度

 

 

 

横向き寝の時の枕の高さの測り方

仰向けではなく横向きに寝ることが多い方であれば、横向きに寝た状態で高さを合わせておくことをおすすめします。

 

横向き寝で最適な枕の高さは、寝姿勢を背中側から見て、頭から腰までの背骨が真っ直ぐになっている状態です。

 

横寝の時の適切な角度

 

首の骨だけが下にカーブしているようなら、枕が低すぎるということになり、寝違えや首こりの原因となります。

 

反対に首から頭が上にカーブしているようなら、枕が高すぎるということになり、やはり寝違えや首こりを誘発します。

 

さらに、頚椎にズレが生じることで肩から下にも負担がかかり、肩こりや腰痛にも影響してきます。

 

枕の高さには好みもあることでしょうが、肩こりや首こりから解放されて快眠を得るためには、正しい高さの枕に慣れることが大切です。

 

 

 

枕の高さが合っていないとこんなことが起こる!

自分にとって正しい枕の高さとは、リラックスして立っている時と同じ姿勢で首や頭を支えてくれる枕です。

 

それよりも高い枕や低い枕を使っていると、以下のようなことが起こるので注意が必要です。

 

 

適正より高い枕を使っている場合

高すぎる枕を使っていると、頭部が上がり顎が引けた状態となり、首筋に強い負担がかかります。

 

頚椎がズレることで肩へも負担がかかるので、朝起きた時の首こりや肩こりの原因となります。

 

また、頭から肩へかけての血行も悪くなるため、背中や腰の痛みを引き起こす可能性も考えられます。

 

さらに、枕が高すぎると首元にしわができやすいというデメリットもあります。

 

後頭部を必要以上に持ち上げてしまうことで、首の内側にしわができてしまいます。

 

仰向けの寝姿勢をとった時には楽で寝つきやすいと感じていても、朝起きた時に頭が枕からずれ落ちているようであれば、枕が高い可能性があります。

 

朝起きた頃には枕から落ちているようだと枕を使っている意味がなく、肩こりや首こりや不眠症の原因となってしまいます。

 

枕から頭がずり落ちているようなら、少し枕が高すぎた可能性が考えられるので、今よりも少し低い枕を選ぶと良いでしょう。

 

 

 

適正より低い枕を使っている場合

快眠を得るためには、頭を少し冷やして、足元から身体を温めるのが良いと言われています。

 

枕の高さが低すぎると、頭に流れ込む血液の量が増えて、頭に熱を持ちやすくなります。

 

頭に熱を持つと寝つきが悪くなったり、夜中に目が覚めてしまう原因となります。

 

頭寒足熱

 

また、枕が低すぎて沈み込みが足りないと、首が浮いたままの状態で寝ていることになります。

 

首が浮いていると首や肩の筋肉に負担がかかり、朝起きた時に肩こりや首こりを感じる原因となります。

 

枕に頭から首までをのせた状態で、首の後ろに手が入るようであれば、首がしっかりと枕に支えられていないということになります。

 

さらに、適正な高さよりも低い枕を使っていると、朝起きた時の顔のむくみにもつながります。

 

頭部が下がりすぎることで、頭部周辺の血液循環が悪くなるためです。

 

今使っている枕で以上のようなことでお悩みであれば、枕が適正な高さよりも低い可能性があります。

 

枕に頭をのせた状態にして、横から写真を撮ってもらってチェックしてみましょう。

 

 

 

枕の高さが正しく選べていないと、以上のようなことが起こります。

 

さらに、枕が高すぎる場合にも低すぎる場合にも共通して言えるのが、枕の高さが合っていないといびきや無呼症候群の原因となるということです。

 

頭と首の角度が正しい角度になっていないと、気道が狭くなり呼吸がしづらくなってしまいます。

 

睡眠中に呼吸がしづらいと、いびきや無呼吸症候群の原因となるだけではなく、酸素不足となり快眠を得られなくなってしまいます。

 

枕の高さを選ぶ際には好みの高さで選ぶのではなく、正しい選び方を知った上で選ぶようにしましょう。

 

枕が高くて気道が塞がる例

 

枕の選び方として最も気をつけたいのが、以上のような枕の高さの選択です。

 

枕の高さが少し違うだけで、肩こりや首こりが改善されたり、いびきの解消につながることもあります。

 

店頭で枕に実際に頭をのせてみるのも良いことですが、枕にはマットレスとの関係性があります。

 

店頭のマットレスと自宅のマットレスの沈み込み具合によって、適度な高さの枕はまた変わってきます。

 

最適な高さの枕を選ぶ1番おすすめの方法としては、枕の高さを自宅で調節できる枕を選ぶことです。

 

枕の高さが簡単に調節できる枕であれば、1年後に枕に少しへたりが出たとしても、少し高さを上げることで適正な枕の高さに調整できます。

 

当サイトでおすすめしている枕の中には、高さが調整できる枕もいくつかあるのでチェックしてみてください。

 

≫枕おすすめランキングをチェック

 

 

 

枕の中身はどれがいい?枕の素材の選び方

枕が合わない理由には色々ありますが、枕の中身の素材選びが間違っていることもあります。

 

枕の中身の素材には色々な種類がありますが、それぞれの素材の特徴を理解した上で、自分に合う素材の枕を選ぶようにしましょう。

 

 

羽毛

枕の中材に使う羽毛

枕の中材に使う羽毛

良いところ

  • ふんわりしていて柔らかい
  • ボリュームがあるので見た目の高級感がある
  • 通気性や吸湿性に優れている
  • 夏は涼しく冬は暖かい

 

悪いところ

  • へたりが早いので高さが変わりやすい
  • 沈み込みが深いので寝返りがしづらい
  • ダニが付きやすい

 

 

 

ポリエステル綿

枕の中材に使うポリエステル綿

枕の中材に使うポリエステル綿

良いところ

  • ふんわり柔らかくクッションに使われることの多い素材
  • 原料が安いので安価な枕が多い

 

悪いところ

  • へたりが早いので高さが変わりやすい
  • 沈み込みが深いと寝返りがしづらい
  • 枕の中にホコリがたまりやすい
  • 中身が偏り形が崩れやすい

 

 

 

パイプ

枕の中材に使うパイプ

枕の中材に使うパイプ

良いところ

  • 通気性が良い
  • 耐久性に優れへたりづらい
  • 水洗いできる枕が多い

 

悪いところ

  • 素材が硬いので寝心地が悪く感じることも
  • 中身が偏り形が崩れやすい
  • 寝返りの際に音がする

 

 

 

ビーズ

枕の中材に使うビーズ

枕の中材に使うビーズ

良いところ

  • モチモチした触感で肌触りが良い
  • クッションの中材として人気の素材
  • 枕の中身が流動的なのでへたりにくく長持ち

 

悪いところ

  • 枕の中材としては柔らか過ぎる素材
  • 熱がこもりやすいため夏は暑く蒸れる
  • 安定感が悪く寝違えやすい
  • 沈み込みが深いので寝返りがしづらい

 

 

 

そば殻

枕の中材に使うそば殻

枕の中材に使うそば殻

良いところ

  • 通気性や吸湿性に優れている
  • 原料が安いので安価な枕が多い

 

悪いところ

  • 長期間使用するとそば殻の粉が出る
  • 定期的に天日干ししないと虫がわくことも
  • アレルギーの方にはおすすめできない
  • 寝返りの際に音がする

 

 

 

高反発ウレタン

良いところ

  • 沈みすぎず頭をしっかり支持してくれる
  • 寝返り時の首への負担が少ない
  • 肩こりが解消されやすい
  • へたりにくく長く使える

 

悪いところ

  • 使い始め1週間位はウレタンのにおいがある
  • ふんわり柔らかい枕が好みの人には不向き

 

 

 

低反発ウレタン

良いところ

  • 後頭部から首にかけてぴったりフィットする
  • 肩こりが解消されやすい
  • 肌触りや触感が良い

 

悪いところ

  • 通気性が悪く夏は蒸れやすい
  • 沈み込みが深いものだと寝返りがしづらい
  • 夏は柔らかく冬は硬くなる
  • 使い始め1週間位はウレタンのにおいがある

 

 

羽毛(フェザー)やポリエステル綿のような柔らかい素材を詰め物としている枕は、頭の沈み込みが深くなるため、寝返りがしづらいという大きなデメリットがあります。

 

寝返りがしづらいと夜中に目が覚めてしまったり、寝返りの回数自体が減る可能性があります。

 

人間は無意識のうちに、寝ている間に20〜40回ほど寝返りをうちます。

 

寝返りをうつことにより、体の一部に圧力がかかり続けることを防いでいます。

 

枕が原因で寝返りの回数が減ってしまうと、身体の一点に圧力が集中して痛みの原因になったり、血行が悪くなることで肩こりや腰痛を引き起こすようになります。

 

羽毛(フェザー)やポリエステル綿の枕はへたりも早いので、さらに頭が深く沈み込むようになります。

 

頭が深く沈み込み過ぎると寝返りに支障が出るので、羽毛やポリエステル綿の枕は早めに買い換えることをおすすめします。

 

 

 

1番おすすめはウレタン素材の枕

 

オススメ素材のウレタン

 

近年枕の素材別で最も人気がある種類は、寝返りをしやすいという点からしてもウレタンフォームを使った高反発枕です。

 

ウレタンフォームの枕が登場したきっかけは、宇宙飛行士の体にかかる重力を分散させるための素材を、アメリカのNASAが開発したことでした。

 

NASAが開発した素材から生まれた枕は、頭や首の形にぴったりフィットするので体圧分散に優れ、首こりや肩こりを解消する枕として人気を集めました。

 

その枕を開発したのが枕メーカーとして有名なテンピュールですが、テンピュールが開発した低反発枕には、暑くて蒸れるというデメリットがありました。

 

頭や首に枕がぴったりフィットするため、枕が皮膚に触れる面積は非常に大きくなります。

 

ウレタンは通気性も悪いために、乾燥した気候の欧米諸国では問題なくても、湿度の高い日本の夏はかなり暑く感じるという欠点がありました。

 

しかし近年になってからは、そのような弱点を克服した低反発枕や高反発枕が次々と登場しました。

 

さらに、低反発枕の柔らかさとフィット感、高反発枕の寝返りサポート力を兼ね備えた、中間のような素材のウレタン枕も登場しました。

 

枕の素材として最も進化しているのがウレタンで、売れ筋の枕や、肩こりや不眠を克服する高級枕の多くが、ウレタンを素材として採用しています。

 

≫おすすめのウレタン枕を見る

 

 

 

枕の形状はどれがベスト?

枕を選ぶ際に枕の形で悩む方もおられますが、枕の形に関してはそれほど深く考えることはありません。

 

重要なのは枕の高さや硬さ、そして沈み込みの深さなどです。

 

一般的には長方形の枕が多くなっていますが、同じ長方形であっても後頭部をのせる中央部分が少しくぼんでいる枕などもあります。

 

人間工学の発達により枕の形状も色々なものが増えましたが、結局のところはどの形の枕が良いかではなく、実際に寝てみた時の問題です。

 

また、枕のサイズに関してはある程度好みで選ぶと良いでしょうが、サイズが小さすぎる枕はおすすめしません。

 

人間は寝ている間に20〜40回ほどの寝返りをうちますが、寝返りは人間の体にとってとても大切です。

 

自然と寝返りをうつことで、体圧が一点にかかるのを防いでいます。

 

枕を頭にのせた状態で寝返りを打っても、頭が枕から落ちてしまわないように、ある程度は幅のある枕を選ぶようにしましょう。

 

なお、枕の平均的なサイズは63p×43pとなっています。

 

体の小さな女性や子供であればこれより小さなサイズでも問題ありませんが、平均的な女性や男性であれば、63p×43pよりは大きいサイズの枕を選ぶことをおすすめします。

 

≫枕おすすめランキングをチェック