枕おすすめランキング!人気の枕はどれ?

【枕の参考書】へようこそ!

当サイト枕の参考書では、最適な枕の選び方や、おすすめ枕の比較ランキングをご紹介しています。

 

寝つきが悪くて夜に何度も起きてしまう、寝起きの肩こりや首こりがひどい、体型に合わない枕に悩まされていませんか?

 

枕でお悩みの方はぜひ枕の参考書に目を通してみてください。

 

 

人気の枕おすすめランキング

YOKONE

 

YOKONE公式ページ

 

YOKONEのチェックポイント

横向き寝を計算してつくられた枕
いびき・肩こり解消に最適
2週間はお試し期間で返品OK

 

枕おすすめランキング第1位は、横向き寝でも首から肩にかけてぴったりフィットするようにつくられた枕YOKONEです。

 

最近は医学のテレビ番組や書籍で、仰向けよりも横向きに寝るのが良いという専門家の意見を多く見かけるようになりました。

 

横寝を意識することで気道が塞がることが減り、いびきや無呼吸の解消につながります。

 

毎日の睡眠でいびきや無呼吸で悩まされいる人は、YOKONE枕を使って横向き寝を意識することで睡眠の質が向上すると言われています。

 

従来の枕で横向きに寝ると、どうしても肩への負担や首の角度の問題があり、朝起きたら肩こりや首こりに悩まされることも少なくありません。

 

YOKONEは仰向けから横向きに寝返りをうっても頭から肩までがしっかり支えられるように設計されているので、寝起きの肩こりや首こりが解消されて朝まで快眠できます。

 

実際にYOKONEを買って横向きに寝転んでみると、頭から首、腕のフィット感に驚きます。

 

また、毎日枕を使っていたとしても、2週間以内であれば返品できるのも人気のポイントです。

 

枕は実際に睡眠をとって試せるものが少ないので、2週間以内返品OKというのは非常に嬉しいサービスです。

 

横向きに寝ることが多い人にとっては最強の枕とも言えるので、今の枕で寝つきが悪い横向き寝タイプの人にはぜひおすすめしたい枕です。

 

枕の幅はかなり広く、高さは中のウレタンシートを調整することで好みに変えることができるので、色々なタイプの人に合う枕とも言えます。

 

メーカー公式サイト

 

 

 

 

めりーさんの高反発枕

 

めりーさんの高反発枕の公式ページ

 

めりーさんの高反発枕のチェックポイント

日本人に合わせた肩こり・首こり対策枕
寝返りで起きてしまう人におすすめの枕
90日間はお試し期間で返品OK

 

枕おすすめランキング第2位は、雑誌などでも紹介されためりーさんの高反発枕です。

 

めりーさんの高反発枕の人気のポイントは、しっかりと反発する独自のウレタンフォームを素材に使っている点です。

 

頭が沈み込みすぎず跳ね返りの力がしっかりとしているので、寝返りを打つ時の力がいりません。

 

右に左に自然と寝返りが打てるので、夜中に寝返りを打つ際に目がさめるという人におすすめの枕です。

 

夜中に目が覚めてしまうことが多い人は、どういうきっかけで睡眠が妨げられたのか分析してみると良いでしょう。

 

また、日本人の体型に合わせて設計された枕で、肩こりや首こりの改善を目的としてつくられている枕でもあります。

 

有名なブランドの枕には海外メーカーの枕が多くなるので、日本人が日本人の体型や特徴を考えてつくったというのは、めりーさんの高反発枕の強みの一つです。

 

どちらかというとふんわり柔らかい枕よりもしっかりとした素材の枕が好きで、朝起きた時に肩や首が固まっているという人にはおすすめの枕です。

 

コールセンターのサポートや対応も非常に良い枕メーカーで、購入から90日間使用した後に枕が合わないということであれば、使用した枕であっても返品することができます。

 

返品受け付け期間は枕が届いてから90日経過した後、2週間以内となっています。

 

返品された枕は全て破棄していて、90日間枕を使ってもらって枕が合わなければ全額返金というのは、枕のクオリティに対する自信の表れでもあります。

 

メーカー公式ページ

 

 

 

 

マニフレックスのピローグランデ

 

マニフレックスのピローグランデ

 

ピローグランデのチェックポイント

寝心地が最高のブランド枕
不眠症・眠れない人におすすめ
イタリア発世界最大の寝具ブランド

 

夏は暑く冬は硬いという理由で人気に陰りが見えるテンピュールの枕、それに変わって最強の枕メーカーとして売れ筋商品を連発しているのがマニフレックスです。

 

日本ではテンピュールやエアウィーブほど有名ではありませんが、世界的には超有名な寝具メーカーです。

 

筆者が使用している寝具に関しては、枕はおすすめランキング1位のYOKONE、マットレスはマニフレックスのものを使用しています。

 

マニフレックスは枕もマットレスも通気性が飛び抜けて良いので、常にサラッと肌触りが良く、夏場でも心地よく眠れます。

 

マニフレックスの枕にはいくつかの種類がありますが、人気と売れ筋においてNo.1なのがピローグランデという枕です。

 

高反発のウレタンながらふんわり柔らかさのある枕なので、後頭部を優しく包み込みつつ、首から肩までしっかりと支えてくれます。

 

初めてピローグランデに頭をのせると、重厚感がありながら柔らかい素材に驚くでしょう。

 

ピローグランデはマニフレックスのウレタンの中でも最高品質のものを使っていて、ウレタン密度は1立方センチメートルあたり85kgと、かなり贅沢にウレタンを使用しているので、へたりが無く長く使えます。

 

なお、マニフレックスの枕を購入するのであれば、マニフレックスの公式販売店のアウトレットがお得です。

 

マニフレックスの枕は楽天やamazonでも定価販売となりますが、アウトレットであれば格安で購入できます。

 

アウトレットと言っても未使用・未開封の枕なので、上手にお安くマニフレックスの枕を買いたい人にはおすすめです。

 

また、公式販売店以外でマニフレックスの枕を購入すると、3年間の保証の対象外となる可能性も考えられます。

 

価格や安心から考えても、マニフレックスの枕を買うなら公式販売店がおすすめです。

 

メーカー公式ページ

 

 

 

 

六角脳枕

 

六角脳枕

 

六角脳枕のチェックポイント

肩こり解消におすすめの枕
テレビで話題になった枕
30日以内は使用後でも返品可

 

枕おすすめランキング第4位は、有吉ゼミやめざましテレビでも紹介されて話題になった六角脳枕です。

 

amazonや楽天でのレビューも非常に高く、楽天の枕人気ランキングでは第1位を獲得しています。

 

良い口コミの多くは睡眠の質が良くなったというもので、今までないほどにぐっすり眠れると評判の枕です。

 

独特の形状と、頭や首の温度コントロールによって、睡眠の質を向上させてくれる枕です。

 

低反発枕に限れば当ランキングで最上位、じんわり沈み込んで頭をしっかり支えてくれる低反発枕がお好みであれば、六角脳枕は最もおすすめする枕です。

 

低反発枕の特徴は、頭をのせるとゆっくりと沈み込み、頭の形に枕が変形してぴったりフィットしてくれるところです。

 

肩こりや首こりの解消に効果があり、今の枕がいまいち合わない人にもおすすめの枕です。

 

反対に低反発枕の弱点と言うと、温度変化に弱いことです。

 

低反発枕で有名なテンピュールは、夏は柔らかすぎて沈みすぎる、冬は硬すぎるので枕が高く感じる、季節や温度によって高さや感触が大きく変わるのが欠点です。

 

しかし六角脳枕の低反発ウレタンは特殊な素材を使っているので、温度による硬さの変化がほとんどありません。

 

低反発枕で良い枕を探しているということであれば、六角脳枕が最もおすすめの枕です。

 

さらに、品質に自信を持っている六角脳枕のメーカーは、30日以内であれば枕が合わないなら返品OKとしています。

 

およそ1ヶ月近く六角脳枕を試してみて、肩こりが解消されない、枕が合わなくて眠れない、そのような理由で返品することができます。

 

枕としては決して安い枕ではありませんが、無料で試せるので一度使ってみるのも良いでしょう。

 

メーカー公式ページ

 

 

 

 

テクノジェル

 

テクノジェル

 

テクノジェルのチェックポイント

イタリア発の超高級枕
医療の技術で培った究極の体圧分散
フィット感と寝心地が最高の枕

 

イタリアの革新的な枕メーカーのテクノジェル、日本でもじわじわとファンを増やしています。

 

快眠セラピストとして活動している三橋美穂さんが、プライベートで使用している枕としてもテレビで取り上げられました。

 

ふんわり柔らかいのに寝転ぶと頭から首までをしっかりと支えてくれる、低反発でも高反発でもない新しい感覚の枕です。

 

寝心地が非常に良く、睡眠アプリの結果でもかなり良い数値を計測しました。

 

不眠症気味で寝つきの悪い筆者でも、朝までぐっすり起きることなく眠れます。

 

元々テクノジェルは医療用の素材として開発されたもので、寝返りの打てない患者の床ずれを防ぐことを目的としてつくられました。

 

体圧分散に優れた素材として、医療用ベッドだけではなく車椅子のシートや義足などにもテクノジェルが使われています。

 

医療の分野で培った体圧分散の技術を活かして、2007年頃から枕をはじめとした寝具の販売も行うようになりました。

 

開発までにかかった研究費用や時間は膨大なもので、その点においては他の枕メーカーを大きくしのぎます。

 

値段がかなり高いためにランキングでは5位としましたが、コストパフォーマンスを無視して枕のクオリティだけで考えるなら、ランキング1位に選びたい枕です。

 

価格はかなり高くなりますが、他の枕と比べて耐久性に優れていて、何年使ってもほとんどへたることがありません。

 

メーカーの発表では、11万回の圧縮テスト後であっても、枕の復元率は99%を超えています。

 

ユーザーのレビューを見ても、10年近く使える耐久性の高い枕という声も見られるほどです。

 

最初の出費は高くなりますが、初期投資と考えて是非試してみてほしい枕です。

 

メーカー公式ページ

 

 

 

 

ロフテー

 

ロフテー枕

 

ロフテーのチェックポイント

エアウィーブのグループ会社
素材や高さが選べるセミオーダー枕
羽毛や綿のふんわりタイプの枕

 

おすすめ枕ランキング第6位は、エアウィーブのグループ会社の枕専門店ロフテーです。

 

百貨店などに店舗を構えていた枕専門店のロフテーを、2016年にエアウィーブが買収することで関連会社となりました。

 

イメージキャラクターにはエアウィーブと同じく、フィギュアスケートの浅田真央さんを起用しています。

 

エアウィーブにも枕のラインナップはありますが、エアウィーブはやはりマットレスメーカーなので、口コミでもロフテーの枕の方が評判が良く人気です。

 

ロフテーの枕の特徴は、枕の高さや中身を選べるセミオーダー枕であることです。

 

店舗で相談することもできますし、ネットでオーダーすることも可能です。

 

ロフテー枕の中材は、綿やパイプ、羽毛などから自由に選ぶことができます。

 

中材が綿やパイプ、羽毛の枕はあまりおすすめしていませんが、その理由は枕の高さに偏りが出ることと、一年もすればへたりが出ることです。

 

睡眠中にどうしても頭の重みで中材が偏ってしまい、枕本来の形が崩れてしまいます。

 

しかしロフテーの枕は5つのパーツで区切ることで、枕の中材ができるだけ偏らないように工夫がされています。

 

とは言えウレタンほどの形状記憶は難しく、反発力や頭を支える力ではやはりウレタン枕には劣ります。

 

ロフテーの枕は5つに区切られたパーツの高さが微妙に変えられています。

 

枕の真ん中のパーツは後頭部の丸みに沿うように低めに、両サイドは寝返りをうった時に肩が体の下に入り込むスペースができるよう高めに作られています。

 

しかし枕がV字の形状になるために、逆に寝返りを打ちにくいという口コミもあります。

 

睡眠中の寝返りは非常に重要で、寝返りを打つことで呼吸をしやすくなり、体圧を分散させることで肩や首のコリも防いでいます。

 

体の大きな男性は特に枕の沈み込みが深く、その分枕の両サイドが高くなるので、寝返りに力がいるロフテーの枕は合わないかもしれません。

 

しかしロフテーの枕に一定数のファンがいるのも事実で、ロフテーの枕に変えてから快眠が続いているとの口コミも多く見られます。

 

ウレタン枕が苦手か、もしくは羽毛やパイプの枕が好きという人にはおすすめの枕です。

 

メーカー公式ページ

 

 

 

 

The Pillow ザ・ピロー

 

The Pillowザ・ピロー

 

The Pillowのチェックポイント

通気性の良い枕No.1
丸ごと水洗いOKの衛生的な枕
肌触りが良く気持ちいい素材

 

枕おすすめランキングの最後にご紹介するのは、暑い夏でも全く蒸れることなくサラッと気持ちいい肌触りの枕"The Pillow"です。

 

ザ・ピローは通気性が抜群に良い枕で、枕本体の90%以上が空気層でできているため、汗や蒸れをしっかりと逃してくれます。

 

かなり暑くて寝苦しい夜であっても、朝起きた時には枕がサラサラのまま保たれているので、汗かきの方におすすめの枕です。

 

さらには枕ごと水洗いが出来て、乾くのも非常に早いので、枕を常に清潔に保つことができます。

 

専用の枕カバーにはテンセルという独自の素材が使われていますが、非常に肌触りが良く、横向きに寝る時に頬にあたる感覚が最高に気持ちいい素材です。

 

枕の高さは6段階で調節できるようになっていて、自分の好みの高さで枕を使うことができます。

 

枕の高さ調節ができるため首へのフィット感も良く、起きたあとの首の痛みがなくなったという口コミもよく耳にします。

 

ストレートネックで悩んでいる人からは特に評判の良い枕なので、ストレートネックによる首の痛みで悩んでいるなら試してみたい枕です。

 

枕の種類としては高反発枕に分類され、どちらかというと硬めのしっかりとした枕が好みの人におすすめの枕です。

 

耐久性があり長く使用し続けることができる枕で、保証期間は他の枕メーカーではありえない7年間となっています。

 

7年の間に枕にへたりが出たり、生地がやぶれるなどした場合には、無償で交換などの措置を取ってもらえます。

 

一般的には枕の寿命は2〜3年と言われていますから、ザ・ピローのように倍以上長持ちする枕というのはなかなかありません。

 

さらには枕の価格自体もそれほど高くはなく、当人気ランキングでご紹介している枕の中では最安値となっています。

 

メーカー公式ページ